2016年01月10日

2016年初キャンプ・・・

この週末は、今年初のキャンプに行って参りました。
場所はお手軽に昨年最後のキャンプと同じ「学校橋河原」であります。
160110-01.jpg

今回はこじんまりとRさんとNさんと三人。
T会長は残念ながらお仕事。新年早々お忙しいんですねぇ。

学校橋河原はかなりのキャンパーが。
なんだかここは年を追うごとにキャンパーが増えている気がする。皆さん、ちゃんとモラルを守ってキャンプを楽しみましょうね。さもないと「この場所でのキャンプ禁止」なんてことになりかねませんから。

今回はキャンピングカーがかなりの台数来ており、まるで展示会のようでした。
160110-02.jpg

さてさていつものように焼きそばとビールの昼食でスタート。

3時のおやつにはお餅を焼きます。正月の残りがまだたくさんあるもんで(笑)
160110-03.jpg

と、ここでU君がカブで突然登場。
しかし、聞けばきくほど足のやけどは本当に危険な状態だったんですね。低温やけどってホント恐ろしい。全治二ヶ月でだそうで(それで済んでよかった、という状況だったらしい)。早く良くなるといいけど。。。
ちょうど焼けたお餅をおすそ分け。

さて時間はまだ早いですが、本日のメインディシュに移ります。
そうです、今回はこれをやってみたかったんですよ。
「プチかまど M3」をつかった天火料理。今回はマカロニグラタンにしてみました。
マカロニを粉末のインスタントソースを入れて挽肉と冷凍エビと一緒でに煮込んで、そしてとろけるチーズをたっぷり。
同時進行で上のかまどではエビとマッシュルームのアヒージョを煮込みます。
160110-04.jpg

で・・・できたできた。なかなかエエんでないかい。
160110-05.jpg

フランスパンと赤ワインでうまうま。

そして日も暮れて焚き木に点火。
160110-06.jpg

さすがに夜になるとちょっと冷えてきましたね。でもそれでもちょうど0℃(車の気温計読み)。

スペインのイカの煮込み缶詰をグツグツしながら、のんびりフランスパンと赤ワインをちびちび。最高だ。
160110-07.jpg

仕事でお疲れのRさんは早々6時頃撃沈。テントへ。。。
そのまま朝までかと思いきや10時過ぎに突然復活して登場。

シュラフに入る前に焚き木でソックスの湿気を飛ばしているの図。ソックスが湿っているとシュラフに入っても足が冷えますからね。でも笑える図だ。
160110-08.jpg

結局年末のクリパキャンプを超える11時半頃まで起きていたのでした。。。

そして翌朝。
また天火の活用。買ってきたピザパンを温めていただきます。
160110-09.jpg

160110-10.jpg

プチかまど君、なかなか使えるのぉ。満足です。

と、そこへ見慣れたデリカが。
昨日のU君に続き二人目の突然の来客登場。Mさんです。
「釣りに行くべきか、やめとくか・・・」とか言いながらウダウダみんなでおしゃべり(笑)

そして11時頃全員解散となりました。。。
年末ほどではなかったけど、今回も暖かいキャンプでありました。。。
皆さん、今年もよろしくお願いします、ね。

<おまけ>
なぜかフォールディングバイクの展示・試乗会も行われておりました、とさ。。。
160110-11.jpg 
 

posted by パークラ at 15:54| Comment(0) | 学校橋河原(嵐山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

年末恒例 『おやぢのクリパ』2015・・・

この週末は年末恒例『おやぢのクリパ』でした。
151213-01.jpg

今年の開催場所は嵐山の学校橋河原というところ。
ここはキャンプ場ではなく単なる河原です。夏はBBQ族で賑わい300円ほどの「管理料」を支払うことになりますが、今のシーズン無人で管理費はなし。
数年前にはきれいなトイレも設置されなかなかな環境なのであります。

クリパ隊長のRさんの命を受け、10時に自宅そばのケーキ屋でRさんが予約しておいてくれたケーキの受け取りを無事完了。
しかしこの日(土)は真冬とは思えないポカポカ陽気。半日もこの陽気の中に置いておくのはチト不安になり急遽自宅に舞い戻る。

その昔、ファミリーキャンプ時代に使っていた大型クーラーボックスを横倒しにして保冷剤と共に格納しました。サイズもぴったり入って良かった良かった。
151213-02.jpg

あらためて開催地へ向かうと、まだ11:30だというのに既にほとんどの仲間が集合してました。
151213-03.jpg

しかし、暖かい。
去年の年末、ここでソロキャンプをした時は、朝には−8℃(車の温度計読み)まで冷え込むほどの寒さだったのになぁ。

さてテント設営と食卓のセットを終えていつものようにカップ焼きそば&ビールでスタート。

横でおニューの高級テントの設営で1時間近く四苦八苦している方も(笑)。

今回から初投入の炭火(焚火)台『Garage Pickupcamper』のM3。
火入れ式の時と同様に着火剤に点火して放っておくだけでちゃんと炭が熾りました。Good!
151213-04.jpg

やはりひとりで炭火調理するには、この位のサイズがコンパクトでちょうどだわ。今までのC1はチト大きすぎた。

その後、Sさん、Dさん、Mさんも到着して10名のフルメンバーに。

しかし、12月の河原にもかからわず結構キャンパーが来てました。
大型テントのファミリー、ソロキャンパー、ベンツのSUVで乗り付けた中年夫婦。そして軽自動車ラパンのお母さんと娘さんの母娘キャンパー。
このラパンのお母さん、かなり日が暮れてから到着し、薄暗い中にも関わらず大型のティピーテントをひとりでしっかり設営してました。やるなぁ。

夜になると、Mさんのクリスマス電飾が登場!(見た目が昭和のスナックだ、いう意見もありましたがw)
151213-05.jpg

ホントMさんってマメで凝り性です。おまけにメカにも電気にも詳しくて、電気に疎い私から見るとすげ〜なぁ、のひとこと。

その後はDさんの独壇場に。。。圧倒されました。

この日は夜になってなぜかチト体調不良。
酒が進まず、大して飲んでないのに何だかめまいがして、Dさんワールドにもついていけませんでした。(残念)

そして例のケーキが登場。
「クリパ」なのでマロン(クリ)ケーキのはずだったのに、なぜかイチゴケーキ。まっいいか。
151213-06.jpg

「お写真タイム」でケーキに群がるおやぢども。
151213-07.jpg

R隊長がプレートが乗ったスペシャルポーションをくれました。
151213-08.jpg

この時T会長が入れてくれたコーヒーがスゲ〜美味しかったです。(会長ありがとう)

いつものキャンプでは21時頃にはテントインするおやぢたち。
クリスマスではしゃいでしまったのか、この晩はなんと11時過ぎまで起きていたのでした(笑)

早朝(深夜?)4時すぎ。
誰かが早くも焚き木がをしているパチパチと木がはぜる音で目が覚める・・・が当然また寝る。。。

6:30にテントから出ると焚火の主はDさんでした。
昨夜、正体がなくなるほど飲んでいたにも関わらず、もうシャキッとしてます。信じられん。
本当にタフで豪快な方です。

ポツポツ雨が落ちる中、10時ちょっと前にお開き。
では皆さんまた来年。&良いお年を。。。

いつもの玉川温泉(ここは本当にいいお湯だ)に寄ってから帰宅したのでした。
 

posted by パークラ at 14:47| Comment(2) | 学校橋河原(嵐山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

氷点下8℃のソロキャンプ・・・

この週末は今年最後のキャンプに行ってました。今回は完全なソロキャンプ。

いやはや、それにしても寒かった。
朝7時の気温はなんと氷点下8度!!でした。唖然。
141227-01.jpg

今回は嵐山にある『学校橋河原』。いわゆるキャンプが許可されている河原です。
141227-02.jpg

13時頃到着するも誰もいません。
このクソ寒い年末にこんなところでキャンプするなんてヤツそうはいないか。
周囲に賑やかなキャンパーがいるのは御免だけど、誰もいないというというのもチト淋しいような。。。
ま、いいか。

しかし風が強い。
おまけに河原で吹きさらしです。風向きを見て車を風よけにして設営。

陽が暮れてきたので焼き鳥の準備開始。
車の風よけ+ミニタープなのにあまりに風が強く、風にあおられて炭の火の粉が飛びます。
辺りは一面の枯れた雑草。燃え移ったら大変です。なのでいつもの炭火コンロも焚き木台に乗せる。
さらに横にはバケツに川の水を汲んで防火用水も用意。

家のすぐそばの出店焼き鳥屋で焼かない状態で買ってきました。鶏そのものといい辛味噌といいこの店はうまい。我が家のお気に入りです。
141227-03.jpg

今夜の食事はこの焼き鳥と豚汁とご飯、という純和風。最近ワインに合う料理が続いていたので。

この頃になって他のキャンパーが3組やってきました。
いずれもソロキャンプが手馴れている感じの方たちでした。やはり適度にこういう同志がいるといいですね。

その後風もおさまったので焚火開始。
シャウエッセンを炭火焼きしながらハイボールをチビチビ。
141227-06.jpg

やっぱり焚火は偉大です。
暖かいし、揺らめく炎は飽きません。焚き木をくべながら火を眺めていると時間を忘れてしまいますね・・・って、この感覚、一度やったことのある人ならお分かりですよね。

調子に乗って自分撮り(笑)。
141227-05.jpg

ずっと横でニャンコがこちらを見てミャーミャーないてたけど、一度食べ物あげるとずっと付きまとわれそうなので話しかけるだけ(笑)。
141227-07.jpg

炭や焚き木を消火してから20分ほど残り火がないことを確認してから10時頃テントへ・・・。

・・・4時頃寒くて目が覚める。テントを触ると内側がなんと濡れてます。用を足しに外へ出ると一面凍てついてます。テント内側をウエスで拭き、さらに着重ねて再度シュラフへ・・・

そして朝。
一面真っ白に凍てついてます。試しに車の外気温計を見るとなんと氷点下8℃!!!
141227-08.jpg

バケツの防火用水には15mmの氷がはってます。
141227-09.jpg

たまらず朝から焚き木。残ったシャウエッセンとパンを焼いて朝食。
141227-10.jpg

そのうちお天道様が出てきてほっとする。
でもさすがにタープやテントが乾くほど気温は上がらずそのままお持ち帰り。

帰りがけにはお約束の「玉川温泉」の朝風呂。

いやはや極寒のキャンプでありました。。。
 

posted by パークラ at 16:45| Comment(0) | 学校橋河原(嵐山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする