2015年11月01日

派手にパンクしました・・・

天気予報では「今日は風もなく穏やかな秋晴れ」だったので自転車活動。

今日は群馬県太田市をノンビリ訪ねる旅。
入社以来1991年までこの街に住んでいて、結婚して行田に転居した後も結局1998年まで12年間毎日通勤していた街なのです。余裕があったら足利あたりまで足をのばそうかな〜、の予定で8:30に自宅をスタート。

さすがに朝はひんやりしていて指切りグローブはもう終わりだな、って感じの気温。

以前住んでいた行田の社宅脇を抜け、妻沼聖天山に立ち寄りながら快調にR407刀水橋に到着。
次に独身時代住んでいた太田市のアパートへ。25年経った今でも健在でした。でも誰も入居していないようでした。

当時とは違ってまるでホテルのようになった太田市役所では「B級グルメイベント」やってました。まだ飯には早かったのでちょっと冷かしておしまい。

太田のシンボル「金山」に上って市街を一望し、「さて、そろそろ昼飯かな」という頃、事態は急変。

市内を走っていると「パキ〜ンっ」という甲高い音と主に豪快にパンク。
停まってみると・・・サイドウォールが15mm近く見事に裂けてます。ここまでタイヤが逝ったのは初めてです。

道端の空き地に座り込んで、しばし途方に暮れる。はてどうしたもんかなぁ。。。
サドルバッグの中をモノ見て何ができるか考える。
おお、これがあったではないですか。予備のチューブが擦れて傷まないように巻いていた薄いプラスチック。
これに運命を託すしかありません。
151101-2.jpg


その昔、Tanyさん(懐かしい)が同じような事態になった時に、テレカを切って応急処置していたのを思い出しましたよ。

で、恐る恐るエアを入れる。。。うむ、何とか大丈夫そうです。
でも外観はこんな感じ。いまにもタイヤが破裂しそうです。

151101-1.jpg

予定を変更してなるべく平坦で路面状況が良く、かつ最短のルートで緊急帰路に着く。
妻沼あたりまでは何事もなく無事到達したのですが・・・その後徐々にエアが抜けるようになり度々停車してはエアを足して・・・。
しかし抜ける速度が速くなり、このままでは熊谷までも到達できそうにないので、再度パンク修理。
すると当てがったプラスチックの角でチューブに小穴が空いてしまったようです。イージーパッチで修理。

しかし、その後もエアもれは治まらず・・・。停まっちゃエアを足し、停まっちゃエアを足し、を繰り返しながら。
しかし、駅にしてあと1駅という吹上駅あたりで完全にアウト。足してもすぐに抜けてしまう状態に。
残り数キロという地点で遂にギブアップ。
駅前まで自転車を押して歩き、タクシーを拾って車中の人となりました。。。(情けない)

初めて使っていたこのIRCの「ASPITE」というタイヤ。
使いだしてすぐにサイドに細かいヒビ割れだ出始め、細い縦キズ(微細な亀裂)も発生。
まあ、大丈夫だろう、とタカをくくっていたのがいけませんでした。
もう二度と使わないよ、このタイヤ。

折角の秋晴れだったのに、精神的にどっと疲れた一日でした。。。オシマイ

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  本日の走行:83km
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
posted by パークラ at 17:24| Comment(4) | 自転車ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とんだ災難でしたね〜
タイヤが裂けるのはあんまり想定しませんものね

あと一駅の距離というのが何とも・・・
でもご無事で何よりでした。
Posted by Nori∞ at 2015年11月02日 23:20
めぬまは輪行で行きました。しかしこんなに裂けたタイヤはお手上げですね。チューブは持つけどタイヤの予備は持たないもんね〜。
Posted by masatango at 2015年11月02日 23:23
>Nori8さん
ほんとですよ。タイヤがこんなに裂けるなんてね。
あと一駅・・・まあある意味ここまで自走で戻れて良かったと思うべきかな。
Posted by パークラ at 2015年11月07日 12:27
>masatangoさん
パンクした時(避けた時)にはほんと途方に暮れましたよ。
自転車にパンクはつきものだけど、色々な事態を想定して最低限帰宅できるようにして出かけないとね。
Posted by パークラ at 2015年11月07日 12:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。