2011年05月31日

自転車国際エキスポ

おとといの日曜日、インドネシア初の開催という『自転車国際エキスポ』に行ってきました。

自転車がブームになっている最近のインドネシア。
こちらの日本語新聞でも、来場者が予想を大きく上回っている等々大きく紹介されていました。そして日曜日はエキスポ最終日です。

入口にはたくさんの垂れ幕が。
110529-02.JPG

いざ!気合入れて入場
110529-01.JPG

・・・したんですが。。。
 
 
・・・???・・・

入場してすぐにガッカリ。

何のことはない、色々な展示会のひとつとして自転車を展示してあるだけじゃないですか。

バティックと呼ばれるインドネシア染物や地方の民芸品やお菓子などのブースがたくさん並ぶ中に、自転車エリアが同居してます。日本の「サイクルモード」の規模とまで言わなくてもそのミニ版くらいを想像していただけにかなりガッカリです。

まあ、インドネシアのスポーツサイクル文化はまだこの程度だということで、半ばあきらめてぶらぶら見物することに。

でも人ごみは凄いですよ。なかなか前に進みません。
110529-04.JPG

110529-16.JPG

メーカー(ブランド)毎の展示というより、バイクショップ(業者)毎の展示みたいです。ロードバイクに関して言えば、メジャーブランドの展示はいくつかのブースに数台づつあったかな?ってレベル。

やはり展示の中心は街乗り自転車とMTB。
中でも最も人だかりができていたのは、こちらで「Fixie(フィキシー)」と呼ばれている固定ギヤのバイクコーナーです。
110529-07.JPG

110529-06.JPG

とにかく派手!!
週末のジャカルタはこんな感じのバイクに乗った若者を大勢見かけます。写真のバイクはフロントブレーキ付きですが、街で見る「Fixie(フィキシー)」はほとんどがブレーキレス。ブレーキ無しバイクで交通量の激しいジャカルタを車やミニバスと一緒に走るなんて危険極まりない行為だと思うんですが。

そんな中で唯一、ワンブランドでブース展開していたのが「ウィリエール」。
110529-08.JPG

フラッグシップであるCento1を筆頭に合計10台以上の展示です。
だけど・・・インドネシア人はロードバイクをよく知らないのか、興味がないのか、はたまたあまりに価格が高すぎるからなのか・・・ブースの外から遠巻きに眺める人ばっかり(笑)。
110529-09.JPG

こんなプラカードまで付けなくてもなぁ
110529-10.JPG

ブースに派遣されていたイタリア人のおじさんも暇そうでした。

でもよくよくプライスタグ見てみると・・・

ん?こりゃ安い!!

Cento1の電動デュラ専用フレームの完成車が6700万ルピア(約67万円)ですよ。
110529-12.JPG

イタリア人のおじさんいわく
「どうだい?日本だったら普通この倍近いよ」・・・って確かに。

後で服部産業(日本代理店)のHPで見たら113万円でした。
これなら日本で買うより、インドネシア旅行のついでにお土産で買って帰ってもまだお釣りが来ますよ。
どなたかいかがですか?(笑)

そんなこんなで個人的にはかなり期待外れの『自転車国際エキスポ』でしたが、あれだけの混雑ぶりってことはインドネシアの自転車人気そのものが高いことは確かです。 

今は道路整備状況や交通事情、そして個人所得を考えると、まだとてもロードバイクでツーリング・・・という環境ではないインドネシア。

でも、これからどんな自転車文化が育っていくんでしょうかね。

<おまけ>
いきなりメルセデスのバイク!
110529-13.JPG

メルセデスってバイクも作ってたんでしたっけ?
(すみません知りませんでした)

プライスはロードバイク完成車が約102万円。ヘッドにはしっかりベンツマーク。
なんだかブースも相変わらず偉そう。
110529-14.JPG

メルセデス乗り回しているようなお金持ちが興味で買っちゃうんですかね。
個人的には全く興味湧かず(笑)。
 
posted by パークラ at 23:34| Comment(4) | レース・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たまには、華やかな自転車ショーもいいですよね!

ローカル社員に自転車のイベント行きませんか?と誘われて「行く!」
同じく日曜に行きましたが
なんと、イベント違いで田舎のサイクリング、イベントでした!
言葉が分からないので、このようなことは日常茶飯事(笑)
Posted by バッソ at 2011年06月02日 12:22
誘った私が言うんも何ですが、あ〜あ。ってな感じでしたね。その後のビール飲み放題の方が楽しかったです!(笑)
Posted by Ryu at 2011年06月02日 17:57
高級バイクはそちらで買った方がお買い得なんですね!

僕は空輸に耐えられるアルミバイクを購入して、ウレタン樹脂入りの輪行袋で空輸しようと、あれこれ試行錯誤しているところですが、もしそちらで10−20万円くらいでロードバイク(アルミには拘らない)が買えるのであれば、日本から空輸するよりお得ですよね?

RODA LINK とかどうなんでしょ?
やはりそのレベルのバイクなら日本で買って、空輸した方が良いのでしょうか?

ちなみに7月中旬に赴任予定です。
Posted by Muirwoods at 2011年06月03日 09:39
>バッソさん
それはそれは。
でもこのバイクショーだったら、少なくとも自転車に乗った方が楽しかったと思われますよ。。。

>Ryuさん
はい、その通りでした。
飲み放題ビールは完全に元を取りましたしね。 ^^

>Muirwoodsさん
なかなか悩ましいですよね。
参考になるかどうか分かりませんし、最後はMuirwoodsさんご自身の御判断ですが、個人的感想として・・・

「まあ乗れればいいや」のロードを購入して、こちらでもエクササイズ程度のサイクリングなら問題ないと思います。
でも、もし本格的に乗り始めるとすぐに色々不満・後悔・欲求不満が溜まるのではないかと想像します。ましてサーベロを味わってしまったMuirwoodsさんならなおさら。
(もともとロードが初めての人ならそんなことないでしょうが)
そしてその為にパーツ交換に出費するのはもったいないような気がします。

でも完全に「駐在期間中だけのテンポラリー」と割り切るのであればこちらでの購入もあり、かと思います。
(購入時の言葉の問題や、取り寄せとなった際の待ち日数はさておき)

でも、10〜20万円は安い金額ではありません。その出資が可能なのであればハードケースを購入して今所有されているサーベロを持ってくるという選択肢もあると思いますが。。。

以上、全く個人的感想です。
なおさら悩ませてしまったら申し訳ありません。
 
Posted by パークラ at 2011年06月04日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。