2009年06月14日

試しにサドル変えてみたけど・・・

今のサドル(サンマルコSKN)の座面が結構疲れてきた。いざダメになった時にあわてないように今のうちから違うサドルを検討。

で、以前から気になっていたアリオネ。
気にはなっていたんだけど、あの大柄でボッテリした形がどうも馴染めなかったんです。
でも、実際使ったらそんなことも吹き飛ばしてくれるのかも。だってあれだけ世界的に売れているんですから。

と思っていたら、kaoさんが貸してくれた。早速付け替えてしばらく(ツーリング2回)使ってみた。

 
まず2つのサドルを比較。
090614-01.JPG

090614-02.JPG

確かに長さ・厚みが全然違います。
座った感じも、今まで(SKN)とは明らかに違いました。

【着座感】
SKNは腰骨でスポット的に着座するタイプなので、その日の乗り始めはちょっと痛みを感じます。でも身体が温まり柔らかくなってフォームが出てくると同時にお尻も慣れてきて痛みもなくなります。おまけに着座点がしなる構造なので見た目以上に快適なのです。

これに対してアリオネは「二つ折りにした座布団」にまたがっている感じ。座布団にまたがっているので乗り始めの痛みは全くありません。こりゃいいかも!・・・と最初は思いました。

しかし、最初こそ座布団仕様なので良かったのですが、距離を走るうちにいわゆるお股が擦れてひりひり痛くなってきました。
擦れによる痛みなので、走るほどにどんどん痛みが増していく感じ。ダメです。


【気分の問題】
SKNの着座ポイントがスポット的なのに対し、アリオネは守備範囲が広い。それはいいことではあるんだろうけど、個人的には何だかロードバイク的な「気分」が損なわれる感じ。
(表現が難しいけど)パリッとした感じではなくてルーズな感じとでも言いましょうか。まあ結局は個人の好みの問題なんですが。


【見た目・シルエット】
アリオネは、座面〜シートレール間の寸法(厚み)がSKNに対し約10mm近くも厚い為、シートポストの突き出し量がその分減減ってしまいます。それによるバイク全体のシルエットの違いは歴然で、サドルの形状と相まって何ともモッサリとした印象になってしまいました。もともとフレームサイズが小さいので余計にサドルの大きさとモッサリ感が目立ちます。ダメです。


【結論】
私にとってはアリオネは今一歩だったみたい。
まあ、サドルは個人のお尻とのマッチング+好みの問題ですからね。
でも借していただいたおかげで色々勉強できました。
(kaoさん、ありがとうございました)
 
posted by パークラ at 16:06| Comment(0) | 自転車部品・機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。