2016年11月29日

キャンプの小道具(3)・・・

キャンプの小道具(3)は「底上げ網」。

既に購入してシーズニングも完了したスキレット。
161127-02.jpg

これに底上げ網を置けば「なんちゃってダッチオーブン」にもなるかな、と思っていたんです。
でもネットでいくら探しても6−1/2インチというミニサイズの底上げ網が見つからず。
以前はユニフレームでこのサイズのミニダッチがあったようですが今は廃盤になっており・・・。

と思っていたらアウトドアショップで見つけましたよ。
見事なぴったりサイズ!
161127-07.jpg

って本当は、こうやって使うトースターなんですけどね。
161127-08.jpg

しかし、驚くほど値段が高かった。
でもこれがあれば「なんちゃってダッチ」も実現できるし、いつもはストーブで適当にあぶっていた朝食のパンもこれでちゃんと「トースト」になるか、と無理やり納得させて購入。

以上、来週末のキャンプでの実践投入機材3点でした。。。
posted by パークラ at 00:00| Comment(0) | キャンプ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

キャンプの小道具(2)・・・

新しいキャンプの小道具(2)は、アルコールバーナーです。

アルコールバーナーの定番「トランギアTR−B25」。
161127-09.jpg

考えてみたら、学生時代にずっと使っていたのは「スベア123」。今、使っているガスストーブは「プリムスP−153」。そして今度はアルコールバーナー「トランギアTR−B25」。
なぜか火器は全てスウェーデン製品ですな。

今回、トランギアを使うにあたり「プチかまどM3」のオプションアタッチメントを購入しておきました。
161127-05.jpg

バーナーがぴったり収まるようになってます。炭火台に収まることで風除けも兼ねてます。
ほんとにGarage Pickupcamperさんの製品は色々使えて楽しい!アイデアが素晴らしいと思います。

さて、さっそくテスト。実はアルコールバーナーはその火力に一抹の不安があって。
ライターで着火。確かに炎は全く見えず。かつ全く音がしない。ガスストーブのようにいかにも「沸かしてるぞ!」って感じの轟音がないので、何とも違和感。かつ頼りない感じ。。。

しかし・・・おお、500mlの水が8分でちゃんと湧きましたよ!さすがにガスストーブよりは遅いけどこれなら全く問題ないね。
161127-06.jpg

これなら静かな夜にあたりに迷惑かけずに使えますな。(まあ寒い冬のソロキャンでは、あの轟音が安心感をもたらしてくれるのも事実だけどね)
さて、これも来週末のキャンプで実践投入するのだ。。。
 

posted by パークラ at 00:00| Comment(0) | キャンプ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

キャンプの小道具(1)・・・

新しいキャンプ小道具を導入。スキレットです。
巷の話では「フライパンとは全然違う」「魔法のようにおいしく調理できる」・・・だそうで。
加えて「そのままテーブルに出してもお洒落」・・・だそうですが、私の場合、テーブルと言ってもいつものユニフレームのキャンプテーブルですがw。

今使っている道具のサイズに合わせて6−1/2インチ(約15cm)を導入。

まずはシーズニングです。
本体と蓋の両方なので、キッチンのバーナーでふたつ同時作業でやろうと始めたのですが、なぜかしばらくすると火がトロ火になってしまう。。。
そうでした。空焚き防止装置なんてもんが付いていたんでした。orz
この中央部の突起のところで鍋底の温度をとってるんでしょうね。
161127-04.jpg

仕方なくシングルストーブを出してきて屋外で再開。
161127-02.jpg

オリーブオイルを塗る>焼き切る>塗る>焼く・・・を5回繰り返してほぼ完成(のつもり)。

しかし、取っ手の部分がどうしても焼けずに残ってますけど、ここはどうするんでしょうか?
ここだけ単独で焼くのかなぁ。。。
161127-03.jpg

まあ、後でいいや。
まずは来週末のキャンプで実践投入してみましょう。ちょっと楽しみなのだ。
 

posted by パークラ at 13:27| Comment(0) | キャンプ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする