2015年11月29日

小春日和のサイクリング・・・

天気予報では小春日和。なので久しぶりに自転車活動。
どこへ行こうかな、と思っていたらウズラさんがFacebookで
「鎌北湖の紅葉が見頃だよ」
とのこと。
今年はまだまともに紅葉を見ていないので、いざ。

先回のツーリンングでタイヤのサイドウォールが裂けるという悲劇があったので、今回タイヤはもちろんリムテープとチューブも全て新品に変えてある。
タイヤはパナの「RACE−D」という耐パンク性重視のタイヤ。もうあんな目には会いたくないので。このタイヤはインドネシアのあの荒れた道を毎週走っていても3年間で1度しかパンクしなかった。

それから今回、新しいツール缶(?)を使ってみる。
今までずっとチューブ等のツールはサドルバックに入れていたけど、見た目をちょっとスッキリさせたくて。いたるところに自販機がある日本では真夏のツーリンでもダブルボトルの必要ないしね。
でもShimanoのツール缶は見た目が安っぽいし走行中に中でツールが踊ってカタカタうるさい。

なかなか収納力あるし、両開きだから出し入れもしやすいね。見た目も〇。
(あれ?写真が反転しちゃてる。まあいっか)
151129-06.jpg

サドル廻りがスッキリしたし、おかげでシートピラーの出代がちょっと長く見える、かな?(笑)
151129-04.jpg

そんな小物をモチベーションに朝9時に自宅をスタート。
今日も雪をかぶった富士山がきれいに見えてます。
151129-03.jpg

途中の鳩山近辺ではストイックそうな方々とちょこちょこスライドする。
全盛期だったらつられて物見山でも行っちゃうとこでしょうが、今は・・・そんなところで脚使ったら家まで帰れなくなっちゃいますよ(笑)

鎌北湖の紅葉は確かに見頃でしたね。
スマホじゃ(絵心の無さも相まって)どうせきれいに写真撮れませんからのんびり眺めることにします。
151129-02.jpg
151129-01.jpg

昼飯は・・『甚五郎』は気合いの入ったローディーに圧倒されそうなので、お気に入りのときがわのうどん屋で肉汁うどん。

もうちょっと距離を伸ばす為に小川町まで北上してから帰宅。

平地中心のたった80kmなのに脚がパンパンになっちゃったよ。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  本日の走行:82km
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 

posted by パークラ at 16:00| Comment(0) | 自転車ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

晩秋のキャンプ・・・

この週末は久しぶりのキャンプ。
場所は二度目となる『奥秋キャンプ場』。先回来た時は桜の木の下でお花見モードだったな。
このキャンプ場、この週末が今年最後の営業とのこと。管理人の方が変わらずとっても感じがいいのが魅力ですね。

さてメンバーはいつもの面々4名。
151121-01.jpg

土曜日。
既に予約済みだった歯医者での定期健診を終えてから11時に出発。
先月末に東北道と接続され、東名・関越・東北道の連絡路になった圏央道であっという間に青梅。R411で奥多摩湖岸を進む。のんびり紅葉を楽しみながら・・と思ってましたが残念ながら紅葉はもう終わってましたね。

で、13時過ぎに到着。
早速テントを設営。お湯を沸かして昼飯のペヤング・・・のはずだったんだけど、Hさん、Aさんと話しながら準備してたら、湯切り後に入れるべきソースを間違って最初に麺にかけちゃったよ。
仕方なくお湯を少量だけ入れて「ソースラーメン状態」に。あ〜あ。

その後到着したSさんは相変わらずお洒落であります。
ランチョンマットを敷いたテーブルで食べようとしてるのは「煮込みハンバーグスパゲッティ」。
151121-02.jpg

その横で相変わらず焼き鳥を焼いてる私(笑)。
151121-03.jpg

いつも炭火熾しが遅い私。
ちなみに今回は「煙突効果」をねらって炭の二段積みの円陣組んでセンターに着火剤と丸めた新聞紙でトライ。
お〜、センターから炎がせり上がってます。そして一発着火成功。満足じゃ。
151121-04.jpg

本日のメインディッシュはパエリア!とホワイトワイン。
と言っても100円のインスタント粉末と冷凍のシーフードミックスだけどね。ちゃんと米から炊いたけど。
しかしパプリカはレッドにすれば良かったな。シーフードミックスのエビが予想外に赤くならなかったので、イエローパプリカと緑のピーマンと同色系になってしまい見た目が今一歩。夜のキャンプなので見えなかったということで(笑)。

夜はあまり寒くない。なのにダブル焚火。
今からこんなにぬくぬくしたらこれからの極寒キャンプが耐えられないぞ。
151121-06.jpg

そして揺れる炎をながめながらいつものように他愛のない話で夜は更けて・・そんなに更けてないけど9時半頃にみんなそれぞれの寝床へ。
151121-07.jpg

シュラフに入るが、鹿の鳴き声がキーキーうるさいなぁ・・・zzz

そして朝。
今回はいつも起床の早い某氏と某氏がいないので7時頃までのんびり寝ちまった。皆さんもね。
朝から空はガスってどんより。
撤収して解散したのが10時ちょっと前。

帰り際に管理人の方にあいさつしようと管理棟に入ったら、おばちゃん気持ち良さそうにこたつで寝てました。
「あらやだ〜寝ちゃったよ、あはは〜」だって。ほんと気さくな方です。
来年もまたお世話になります。

またまたすぐそばの温泉で汗と煙を流して帰宅。
暑くもなく寒くもなく、実に快適なキャンプでありました。。。

次はキャンプは某所での恒例クリパだな。
 
posted by パークラ at 21:06| Comment(0) | 奥秋キャンプ場(山梨丹波山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

派手にパンクしました・・・

天気予報では「今日は風もなく穏やかな秋晴れ」だったので自転車活動。

今日は群馬県太田市をノンビリ訪ねる旅。
入社以来1991年までこの街に住んでいて、結婚して行田に転居した後も結局1998年まで12年間毎日通勤していた街なのです。余裕があったら足利あたりまで足をのばそうかな〜、の予定で8:30に自宅をスタート。

さすがに朝はひんやりしていて指切りグローブはもう終わりだな、って感じの気温。

以前住んでいた行田の社宅脇を抜け、妻沼聖天山に立ち寄りながら快調にR407刀水橋に到着。
次に独身時代住んでいた太田市のアパートへ。25年経った今でも健在でした。でも誰も入居していないようでした。

当時とは違ってまるでホテルのようになった太田市役所では「B級グルメイベント」やってました。まだ飯には早かったのでちょっと冷かしておしまい。

太田のシンボル「金山」に上って市街を一望し、「さて、そろそろ昼飯かな」という頃、事態は急変。

市内を走っていると「パキ〜ンっ」という甲高い音と主に豪快にパンク。
停まってみると・・・サイドウォールが15mm近く見事に裂けてます。ここまでタイヤが逝ったのは初めてです。

道端の空き地に座り込んで、しばし途方に暮れる。はてどうしたもんかなぁ。。。
サドルバッグの中をモノ見て何ができるか考える。
おお、これがあったではないですか。予備のチューブが擦れて傷まないように巻いていた薄いプラスチック。
これに運命を託すしかありません。
151101-2.jpg


その昔、Tanyさん(懐かしい)が同じような事態になった時に、テレカを切って応急処置していたのを思い出しましたよ。

で、恐る恐るエアを入れる。。。うむ、何とか大丈夫そうです。
でも外観はこんな感じ。いまにもタイヤが破裂しそうです。

151101-1.jpg

予定を変更してなるべく平坦で路面状況が良く、かつ最短のルートで緊急帰路に着く。
妻沼あたりまでは何事もなく無事到達したのですが・・・その後徐々にエアが抜けるようになり度々停車してはエアを足して・・・。
しかし抜ける速度が速くなり、このままでは熊谷までも到達できそうにないので、再度パンク修理。
すると当てがったプラスチックの角でチューブに小穴が空いてしまったようです。イージーパッチで修理。

しかし、その後もエアもれは治まらず・・・。停まっちゃエアを足し、停まっちゃエアを足し、を繰り返しながら。
しかし、駅にしてあと1駅という吹上駅あたりで完全にアウト。足してもすぐに抜けてしまう状態に。
残り数キロという地点で遂にギブアップ。
駅前まで自転車を押して歩き、タクシーを拾って車中の人となりました。。。(情けない)

初めて使っていたこのIRCの「ASPITE」というタイヤ。
使いだしてすぐにサイドに細かいヒビ割れだ出始め、細い縦キズ(微細な亀裂)も発生。
まあ、大丈夫だろう、とタカをくくっていたのがいけませんでした。
もう二度と使わないよ、このタイヤ。

折角の秋晴れだったのに、精神的にどっと疲れた一日でした。。。オシマイ

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  本日の走行:83km
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
posted by パークラ at 17:24| Comment(4) | 自転車ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする